眼科神原クリニック

眼科神原クリニック

院長:神原 行浩先生

開業のきっかけ

早く多くの経験を積んで、若い内に独立したいと考えていたので、あの時期にしました。

開業地の決定

当初、予定していた開業候補地がありましたので、そこを見て頂きました。

後日、「あの場所では法的に問題がある。仮にその問題をクリアしたとしても、道路からクリニックへのアプローチが不便であり、認知され難い場所である。」等、開業には適していない場所だとの指摘を受けました。

そこで、大まかに希望地域を伝え、眼科の開業に適した場所を検討してもらう事にしました。

プレリサーチの結果、ピンポイントで候補地を選定してくれたので決断がし易かったと思います。

借地交渉もスムーズに進めて頂けたので、トントン拍子に開業地が決定しました。

設計・建築

クリニックと住居の共用という条件で設計をお願いしました。

クリニック部分に関しては使い易いレイアウト、住居部分についても生活し易いレイアウトを基本プランニングの段階からアドバイスして頂きました。

設計の方とは違った視点からのアドバイスは、とても参考になりました。

引っ越しとの兼ね合いもありもありましたので、開業時期は具体的に決めていました。

施工期間が短かったので非常に厳しかった様ですが、打合せにも毎回同席して頂き、詳細な部分まで漏れなく進める事が出来ました。

医療機器等の担当者とも常に連絡を取って頂いていたお陰で、時間のロスなく、希望していた開業日にオープンする事が出来ました。

内覧会について

貴社代表から「内覧会にどれだけ多くの方に来場して頂けるかという事は、とても重要な事だ」と伺いましたので、内覧会の企画等も全てお任せしました。

当日、協力スタッフだけでなく、クリニックのスタッフに対しても的確な指示を出してまとめてもらえたのは、とても助かりました。

とにかく、非常に多くの方々が来場され、驚嘆と感動の一日でした。

開業

諸官庁への届出も、設計の方と共にしっかりと事前協議をして頂いていたので、スムーズに処理が出来ました。

開業後、駐車場を増やしたいと相談した時も、直ぐに候補地の地主さんと交渉し話をまとめてもらえたので助かりました。

Aクリニック01

次の記事

Aクリニック